古物とは

古物とは

  1. 一度使用された物品
  2. 新品でも使用の為に取引された物品(いわゆる新古品)
  3. これらの物品に幾分の手入れをしたもの

の事です。

 
この古物は古物営業法施行規則により、13の品目に分類されています。
品目が下記に該当する場合は営業許可の取得が必要となりますので注意しましょう。
 
  1. 美術品類
  2. 衣類
  3. 時計・宝飾品類
  4. 自動車
  5. 自動二輪車及び原動機付自転車
  6. 自転車類
  7. 写真機類
  8. 事務機器類
  9. 機械工具類
  10. 道具類
  11. 皮革・ゴム製類品
  12. 書籍
  13. 金券類