古物商とは

一度使用した物品や、新品ではあるが使用したため取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を売買する事業主のことを言います。

古物の売買には、盗品などが流通してしまう事を防ぐために、法律(古物営業法)にもとづき都道府県に対して申請を行い、営業許可を得なければなりません。

都道府県からの許可を得た事業主を正式に、古物商と言います。

古物などの物品を売買や交換をする市場を営む者は、この古物商許可申請を得た上で営業しなければ、違法営業となってしまいます。

また、古物競りあっせん業(インターネット・オークション)のように、インターネットを利用して、古物を売却しようとする者と買い取り人との間でのオークションシステムを提供する業態では、公安委員会への届出が義務付けられています。

 

お気軽にお問合せください

soudan0501b.png