帳簿の備え付け義務

建設業の許可を受けた者は、請負契約の内容を適切に整理した帳簿を営業所ごとに備えておかなければなりません。帳簿については5年間の保存義務が課せられています。

一定額以上の工事を、経営事項審査であげる場合、この備え付け帳簿の該当箇所もチェックされますので所定の事項を幸治ごとにきちんと記載しておきましょう。

 

帳簿の備え付けに関する注意事項

備え付け帳簿をきちんと記入・保存しておかなかった場合、10万円以下の過料が科せられる場合がありますので、その都度記入し、紛失等しないようきちんと管理しておきましょう。