一括下請けとは

一括下請負とは、請け負った建設工事の全部又はその主たる部分を一括して他の業者に請け負わせることをいいます。

建設業法上、一括下請は原則として禁止しております。

原則では、公共工事などの建設工事は全面的に一括下請は禁止していますが民間の建設工事の場合で発注者から書面による承諾を得た場合に例外として一括下請が可能となるケースがあります。

民間工事のみを請け負う場合は自社で施工できる体制が出来ていない場合や専任技術者がいない場合でも発注者から書面による承諾を得る事が出来るのであれば問題ありませんが、将来的に公共工事を受注するために入札に参加する事をお考えの場合は公共工事などの建設工事は全面的に一括下請(丸投げ)は禁止していますので自社で施工できる体制を整えたり、専任技術者の確保を徐々にしていきましょう。