貸金業者登録とは

貸金業を営もうとする者は、貸金業法に基づいて財務局長または都道府県知事の登録を受けなければなりません。無登録営業は禁止されています。下記の業を営む場合には、貸金業者登録が必要となります。登録は2種類あり、1つの都道府県の区域内のみに営業所・事務所を設置する場合は都道府県知事登録。 2つ以上の都道府県内に営業所・事務所を設置する場合は財務局登録となります。

 

貸金業者登録の要件

  1. 営業所または事務所を持ち、その営業所または事務所に固定電話を設置できること。
  2. 営業所または事務所ごとに貸金業務取扱主任者を設置できること。
  3. 財産的基礎があること(純資産5000万円以上)
  4. 申請者、重要な使用人若しくは法人の役員等に下記の登録拒否要件に該当する者が いないこと。

 

消費者金融業者 手形割引業者 事業者金融業者(不動産担保金融業者等)貸付けを行うカード会社 信販会社 貸付けを行う百貨店 貸付けを行うスーパー